ドッグフードの選び方

あなたはどんな基準でドッグフードを選んでいますか。
人間の食事は毎日献立を考えるのに、ワンちゃんのご飯はおざなりだとしたら可愛そうですね。

ドッグフードを選ぶ基準は色々あると思います。
しかし価格やメーカーだけでなく、品質もしっかり重視するようにしてください。

もちろん価格が高いからといって、必ずしも品質が良いとは限りません。
ただ安すぎるドッグフードはきちんと原材料を確認するようにしてください。

ドッグフードの良しあしはワンちゃんによっても異なりますから、今与えているドッグフードが正しいかどうかは、ワンちゃんの様子を観察することである程度分かります。
食欲が無かったり、元気が無い、便が硬かったり柔らかかったり、毛並みは綺麗か、目ヤニが多くないかなどよくワンちゃんの様子、行動を観察することが大切です。

さてあまりに安すぎるドッグフードは注意した方が良いという話をしましたが、これは原料費あるいは加工費を相当削っている可能性があります。
それでもワンちゃんが体を壊さないようにきちんと栄養を含んでいる、あるいは余計なものを必要以上に使用していなければ良いのですが、実際はそうではない可能性もあります。

中には病気にかかっている動物の肉を使用していたり、合成保存料などの添加物を大量に使用していることもあるので、注意してください。
また食べ物は国産の方が安全なイメージがありますが、ドッグフードに限ってはそうとは限りません。

というのも海外、特にアメリカなどのペットフードに関する規制は実は日本よりも厳しいと言います。
ですから国産のドッグフードでもメーカーによっては粗悪なものがあることにも留意しなければならないのです。

ワンちゃんの寿命もドッグフードによって影響を受けるといっても過言ではありません。
犬を長生きさせるドッグフードの選び方はこちらも参考にしてください。